薬剤師の退職理由 病院薬剤師

【薬剤師の退職理由】病院薬剤師

病院薬剤師として働いていると、大きな病院であればあるほど、大勢の患者さんのために薬を調剤しなければなりません。調剤薬局やドラッグストアで働いている薬剤師と比べると、仕事がきついと感じたり、当直や残業で忙しすぎるうえ、有給もないので、定年まで働ける自信がないと思う方もあるようです。

 

また1日中立ちっぱなしや、動きまわったりしなければならないにもかかわらず、どれだけ一生懸命に働いても、年功序列でほとんど昇給がない場合は、耐えがたい気持ちになるでしょう。退職理由が体力的に続かないことを挙げる人は多いので、辛くなったら転職情報サイトを利用し、別の就職先を探すようにしましょう。

 

薬剤師の中でも病院薬剤師の場合は、病院にある調剤室の中だけで、限られた人数を相手に働くことが多いですが、そのときの人間関係が最悪の場合は、仕事に通うのが嫌になってしまうでしょう。

 

上司とそりが合わなかったり、頻繁に休む同僚の仕事を押し付けられたりすると、辞めてしまいたくもなるでしょうから、そんなときは転職情報サイトの中から、新しい職場を見つけるようにしてください。

 

薬剤師の退職理由で多いのは人間関係の問題なので、無理に働いて心身を壊したりする前に、早めに転職先を探して、楽しい気持ちで働けるようにしましょう。

関連ページ

女性薬剤師の子育てと働きやすさ
女性薬剤師の子育てと働きやすさについてお話しします。女性薬剤師の方はパートタイムでも働けるというメリットを活かし、子育てしやすい環境を手に入れることができます。
産休がとれないという理由で転職:薬剤師
薬剤師の方で産休がとれないという理由で転職を考える場合が多いです。結婚し子どもが生まれる時期になると産休を取りたいと思いますが、会社の規模や事情で産休制度がない場合もあります。その時は一時的に会社を辞めて、転職を考えるケースがあります。
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらい
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらいということで仕事を探す方もいらっしゃいます。デスクワークで仕事をすることが向いている方に多いですが、そのような希望でも情報収集すれば、自分にあった職場を見つけることができます。
転勤が嫌で薬剤師転職
転勤が嫌で薬剤師として転職する方も多くいらっしゃいます。薬剤師の免許を持っていれば、比較的多くの求人募集を見つけることができる為、無理に転勤しなくても近くの希望の地域で働くことが可能です。
30代薬剤師が転職先に求めるもの
30代薬剤師が転職先に求めるものはどのようなものかお話しします。年齢によって希望するものが違ってきますが、薬剤師の転職先においても同様です。
転職先に求めるもの:通勤距離
転職先に求めるものの一つとして通勤距離があります。薬剤師の方で働ける職場は病院や調剤薬局、ドラッグストアなどかなりあります。そのような中で通勤に便利な所を探す方も多くいらっしゃいます。
【薬剤師の転職事情】定年後の復職
薬剤師の転職事情として定年後の復職があります。長年薬剤師として企業や病院で働いてきた方は、定年後に復職として薬剤師業務をされるケースがあります。時給も高いので安定した収入を得ることができます。