【薬剤師の転職事情】定年後の復職

【薬剤師の転職事情】定年後の復職

薬剤師の転職事情として定年後の復職でも仕事を見つけることができる可能性は十分にあるので覚えておきましょう。人によっては年金暮らしでは生活が危ういということがあると思いますが、そんな時は高齢者として薬剤師の仕事に復帰をしてみるとよいです。

 

ポイントとして自分の経歴はしっかりと活かすことを考えましょう。高齢者の強みというのはやはり仕事の経験です。薬剤師として培ってきた今までの経験を思う存分発揮して働ける職場を探しましょう。この経験だけは長い人生を歩んでいる人でなければ得ることができないものです。

 

転職事情として高齢の薬剤師でも仕事を見つけることは可能ですが、その際にしっかりと考えておきたいのが雇用形態です。まず、正社員採用はかなり厳しいため、仕事を得ることを優先するならパートか派遣社員として仕事を探しましょう。

 

今までの経歴で調剤薬局に勤務したことがある人の場合、これは比較的簡単に仕事を得ることができるケースがあります。現状として70歳ほどの方でも現役として頑張っている薬剤師もいるので、定年後でもまだまだ仕事を続けることは可能なことを覚えておき、必要に応じて仕事を探してみましょう。

 

関連ページ

女性薬剤師の子育てと働きやすさ
女性薬剤師の子育てと働きやすさについてお話しします。女性薬剤師の方はパートタイムでも働けるというメリットを活かし、子育てしやすい環境を手に入れることができます。
産休がとれないという理由で転職:薬剤師
薬剤師の方で産休がとれないという理由で転職を考える場合が多いです。結婚し子どもが生まれる時期になると産休を取りたいと思いますが、会社の規模や事情で産休制度がない場合もあります。その時は一時的に会社を辞めて、転職を考えるケースがあります。
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらい
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらいということで仕事を探す方もいらっしゃいます。デスクワークで仕事をすることが向いている方に多いですが、そのような希望でも情報収集すれば、自分にあった職場を見つけることができます。
転勤が嫌で薬剤師転職
転勤が嫌で薬剤師として転職する方も多くいらっしゃいます。薬剤師の免許を持っていれば、比較的多くの求人募集を見つけることができる為、無理に転勤しなくても近くの希望の地域で働くことが可能です。
30代薬剤師が転職先に求めるもの
30代薬剤師が転職先に求めるものはどのようなものかお話しします。年齢によって希望するものが違ってきますが、薬剤師の転職先においても同様です。
転職先に求めるもの:通勤距離
転職先に求めるものの一つとして通勤距離があります。薬剤師の方で働ける職場は病院や調剤薬局、ドラッグストアなどかなりあります。そのような中で通勤に便利な所を探す方も多くいらっしゃいます。
【薬剤師の退職理由】病院薬剤師
病院に薬剤師として勤めていた方で退職理由についてヒアリングしましたのでお話しします。薬剤師の退職理由のケースとして病院薬剤師の方をご紹介します。