産休がとれないという理由で転職:薬剤師

産休がとれないという理由で転職:薬剤師

薬剤師は安定をしている職業なので、羨ましがられる面があります。しかし、実際の仕事はとても大変です。その分やりがいはありますが、職場によっては帰りが遅かったり、体力も必要となる場合があります。

 

薬剤師で働いていても、産休をとることができなくて、それが転職のきっかけとなってしまうことがあります。特に、人数が少ない調剤薬局などでは、自分が育児をするために休んでしまうと代わりの人がいないために、辞めざるを得なくなる場合もあります。そのあたりをしっかりと確認してから転職をすることが大切です。

 

薬剤師として働いていても、職場によっては転職せざるを得ない場合が多くあります。ドラッグストアで働いている場合には、夜遅くまで勤務をすることになる場合が多いですし、体力も必要になってきます。

 

妊婦の場合は力仕事をすることができないので、仕事をすることができなくなってしまい辞めることになることもあります。女性は、妊娠をしてからも働くことを考えているのであれば、最初にしっかりと確認をすることが大切です。産休をとることができなければ、辞めることになってしまいます。辞めたくないのであれば、事前に確認をすることが大切です。

関連ページ

女性薬剤師の子育てと働きやすさ
女性薬剤師の子育てと働きやすさについてお話しします。女性薬剤師の方はパートタイムでも働けるというメリットを活かし、子育てしやすい環境を手に入れることができます。
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらい
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらいということで仕事を探す方もいらっしゃいます。デスクワークで仕事をすることが向いている方に多いですが、そのような希望でも情報収集すれば、自分にあった職場を見つけることができます。
転勤が嫌で薬剤師転職
転勤が嫌で薬剤師として転職する方も多くいらっしゃいます。薬剤師の免許を持っていれば、比較的多くの求人募集を見つけることができる為、無理に転勤しなくても近くの希望の地域で働くことが可能です。
30代薬剤師が転職先に求めるもの
30代薬剤師が転職先に求めるものはどのようなものかお話しします。年齢によって希望するものが違ってきますが、薬剤師の転職先においても同様です。
転職先に求めるもの:通勤距離
転職先に求めるものの一つとして通勤距離があります。薬剤師の方で働ける職場は病院や調剤薬局、ドラッグストアなどかなりあります。そのような中で通勤に便利な所を探す方も多くいらっしゃいます。
【薬剤師の転職事情】定年後の復職
薬剤師の転職事情として定年後の復職があります。長年薬剤師として企業や病院で働いてきた方は、定年後に復職として薬剤師業務をされるケースがあります。時給も高いので安定した収入を得ることができます。
【薬剤師の退職理由】病院薬剤師
病院に薬剤師として勤めていた方で退職理由についてヒアリングしましたのでお話しします。薬剤師の退職理由のケースとして病院薬剤師の方をご紹介します。