転勤が嫌で薬剤師転職

転勤が嫌で薬剤師転職

製薬会社で研究部門の薬剤師として8年近く勤務していましたが、その会社では全国に5か所研究所があり、4、5年ごとに転勤がありました。去年、結婚したのをきっかけに、転勤制度のない会社への転職を考えていました。

 

独身のときは、いろんな場所に転居できるのは新鮮でしたが、家族には転居に伴う負担をかけたくないからです。自分自身が、銀行員の父親の仕事の都合で、何度も転校させられた経験があります。友達ができてもすぐに別の学校に転校しないといけなかったのは辛かったです。

 

自分の子どもにはそんな思いをさせるのは嫌だったので、妻と相談した結果、子どもができる前に転職活動をすることにしました。

 

サイトでの求職活動を中心に行ったのは、同じ薬剤師の転職経験がある知人に求職活動についていろいろ教えてもらったのがきっかけです。そして、仕事をしながら、自分に好条件な求人を探すのであれば、薬剤師の求人を専門に扱っているエージェントに登録することをすすめられました。

 

その知人が実際に利用したサイトをいくつか紹介してもらい、会員になりました。担当のエージェントの方には、勤務条件として転居を伴う異動がないことと、家族を養うためにも前職と同等かそれ以上の収入が見込めることを条件としてお願いしました。担当の方は、こちらの希望条件にあった案件をすぐに紹介してくれて、そのうちの1件に先月採用してもらうことができました。

関連ページ

女性薬剤師の子育てと働きやすさ
女性薬剤師の子育てと働きやすさについてお話しします。女性薬剤師の方はパートタイムでも働けるというメリットを活かし、子育てしやすい環境を手に入れることができます。
産休がとれないという理由で転職:薬剤師
薬剤師の方で産休がとれないという理由で転職を考える場合が多いです。結婚し子どもが生まれる時期になると産休を取りたいと思いますが、会社の規模や事情で産休制度がない場合もあります。その時は一時的に会社を辞めて、転職を考えるケースがあります。
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらい
薬剤師の転職理由:立ち仕事がつらいということで仕事を探す方もいらっしゃいます。デスクワークで仕事をすることが向いている方に多いですが、そのような希望でも情報収集すれば、自分にあった職場を見つけることができます。
30代薬剤師が転職先に求めるもの
30代薬剤師が転職先に求めるものはどのようなものかお話しします。年齢によって希望するものが違ってきますが、薬剤師の転職先においても同様です。
転職先に求めるもの:通勤距離
転職先に求めるものの一つとして通勤距離があります。薬剤師の方で働ける職場は病院や調剤薬局、ドラッグストアなどかなりあります。そのような中で通勤に便利な所を探す方も多くいらっしゃいます。
【薬剤師の転職事情】定年後の復職
薬剤師の転職事情として定年後の復職があります。長年薬剤師として企業や病院で働いてきた方は、定年後に復職として薬剤師業務をされるケースがあります。時給も高いので安定した収入を得ることができます。
【薬剤師の退職理由】病院薬剤師
病院に薬剤師として勤めていた方で退職理由についてヒアリングしましたのでお話しします。薬剤師の退職理由のケースとして病院薬剤師の方をご紹介します。